トップページ

    このサイトでは観光バスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「観光バスの買取相場を調べて高額買取してくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で調べてみてください。

    観光バスを高額買取してもらうために大事なことは「複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取業者からの査定額を比較することができるので、観光バス(貸切バス)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、トラックや観光バスの買取相場を調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社の買取見積書を持っている場合は、その金額よりも高く観光バスを買い取ってもらえます。

    しかも、ネットの買取査定サービスにありがちな「しつこい営業電話」もありません。「断りにくい状況を作りません。」と宣言している買取業者なので、安心して観光バスの無料査定に申し込めます。

    もちろん、全国の出張買取に対応していて利用は無料。離島でも山間部でも完全に無料です。

    即日の現金買取にも対応していますし、台数も金額も無制限です。
    「まとめて観光バスを何台も売りたい」という場合でも、その場で現金支払いをしてもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分もかからない簡単入力で観光バスの買取相場が分かる無料の一括査定サイト。
    複数の業者と提携してして、厳選5社に観光バスの買取査定を依頼できます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長い距離を走った観光バスを1円でも高く売りましょう。

    「いくつもの買取業者に買取査定をお願いすると断るのが大変で…」という場合でも、業者へのお断り代行サービスをしていますので、安心して利用してみてください。






    トラック王国

     トラック王国は、長年の実績を持つ老舗の中古トラック買取業者。
    中古トラックや観光バス、重機の現車確認や試乗ができる展示場が全国5ヵ所にあり、中古トラックの販売サービスも行っているので、独自の販売ルートを持っています。

    その為、他社よりも観光バスを高く売れる可能性があります。
    テレビCMやラジオ、雑誌などでも宣伝しているので知名度も抜群で全国への出張査定も無料。

    商業車によくある低年式や過走行車、廃車寸前の状態でも独自の販売ルートがあるため、高額買取が可能です。
    看板消しやレッカー移動も無料ですし、「20万キロ以上走っている観光バスを買い取って欲しい」という場合でも査定依頼ができます。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーと言うくらい有名なので安心して使えます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に観光バスの買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいから観光バスの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちの観光バスの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの観光バスでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者が観光バスを査定してくれるので、高額査定をしてくれた買取業者に。あなたが大切に乗ってきた観光バスを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車買取専門店での査定の際には、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと査定金額が高くなることが多いでしょう。

    但し、古い車種でなければすでにカーナビは付いているのが当然ですから、新型のカーナビシステムを搭載していない場合には見積金額が大幅にプラスになるとは考えにくいのです。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、カーナビ非搭載だと査定金額からマイナスされるケースもあるのです。

    売っても良いかと考え中の中古車に全く馬鹿にしているような査定金額を店舗側から提示された場合、売却は不可能だと正直に話しても良いのです。

    中古車見積もりを依頼したとしても、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。

    最初の段階の見積もりでは納得できないと伝えるとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。

    どうしても腑に落ちない価格だったら気にせずに断ってもOKなのです。

    インターネットの車の一括査定サイトを使うときに気を付けなければならない事のひとつに、査定金額トップのところが絶対的に最良店舗だとは言いきれないということがあるのです。

    多くの中古車買取業者の査定を見比べたときに、平均的な金額よりもずば抜けて高値を出している業者が存在したら気を付けた方が良いでしょう。

    その店での買取が決まったとき、買取が成立してしまった後であれこれ難癖を言われてしまい査定された金額よりも買取額が断然低い金額になってしまう場合もあるのですよ。

    どんなこともそうですが、準備さえ怠らなければ急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、結果的に良い値段で買い取ってくれることが多いです。

    まずは出来るところから、掃除を徹底しましょう。

    また、パーツを交換しているなら純正パーツを保管してあるのなら本来の姿に戻しておくべきです。

    業者による査定では純正品のままのほうが好まれますし査定額にも影響してきます。

    他には、もし査定から売却までの期間を縮めたいのであれば、必要書類をあらかじめ用意しておくのも大事です。

    中古車を売るならまず査定を受けることからスタートです。

    ネットでも査定額を知ることができるサービスが存在しますが、それは簡易査定ですので、現物を見た上で買取り価格が算出されます。

    納得がいかなければ断っても構いませんし、それで良いと思ったら言われた書類を整え、売買契約に進みます。

    契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった一連の手続きを経て買い取った業者から入金があり、売却に関するすべての作業が終わります。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、中古車買取業者に査定に来てもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている中古車屋に打診するというのもありです。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

    中古自動車を売る場合には、業者に買い取ってもらうのが一般的ですが、個人売買という方法も存在します。

    中間業者が介在しない分だけ、両者が得なように売買可能になるのです。

    両者が得をする売買形式であるとは言え、全部の手続きを個人同士が行いますから手間暇を惜しまない姿勢が必要になりますし、支払いに関するトラブルが起きる危険性も増すでしょう。

    代金の支払い方法に関して言えば、なるべく分割払いを避けるといざこざに発展する可能性が低くなるでしょう。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、査定時にプラス評価が付きます。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検切れまで残り半年くらいになると既にプラス査定は期待できなくなります。

    でも、査定金額の上乗せを期待して車検が終了した直後に車を手放すことは無意味といって良いでしょう。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    勿論のことですが、車を手放して売りに出そうと考えているのならば、凹みやキズなどがあるボディよりも無い方が高く査定されるでしょう。

    でも、素人が傷を治そうとすると、プロが見ると却って目立ってしまうことがあるため自分で直すのはよした方が無難です。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、無理矢理に修復しようと試みずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。