トップページ

    このサイトでは観光バスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「観光バスの買取相場を調べて高額買取してくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で調べてみてください。

    観光バスを高額買取してもらうために大事なことは「複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取業者からの査定額を比較することができるので、観光バス(貸切バス)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、トラックや観光バスの買取相場を調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社の買取見積書を持っている場合は、その金額よりも高く観光バスを買い取ってもらえます。

    しかも、ネットの買取査定サービスにありがちな「しつこい営業電話」もありません。「断りにくい状況を作りません。」と宣言している買取業者なので、安心して観光バスの無料査定に申し込めます。

    もちろん、全国の出張買取に対応していて利用は無料。離島でも山間部でも完全に無料です。

    即日の現金買取にも対応していますし、台数も金額も無制限です。
    「まとめて観光バスを何台も売りたい」という場合でも、その場で現金支払いをしてもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分もかからない簡単入力で観光バスの買取相場が分かる無料の一括査定サイト。
    複数の業者と提携してして、厳選5社に観光バスの買取査定を依頼できます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長い距離を走った観光バスを1円でも高く売りましょう。

    「いくつもの買取業者に買取査定をお願いすると断るのが大変で…」という場合でも、業者へのお断り代行サービスをしていますので、安心して利用してみてください。






    トラック王国

     トラック王国は、長年の実績を持つ老舗の中古トラック買取業者。
    中古トラックや観光バス、重機の現車確認や試乗ができる展示場が全国5ヵ所にあり、中古トラックの販売サービスも行っているので、独自の販売ルートを持っています。

    その為、他社よりも観光バスを高く売れる可能性があります。
    テレビCMやラジオ、雑誌などでも宣伝しているので知名度も抜群で全国への出張査定も無料。

    商業車によくある低年式や過走行車、廃車寸前の状態でも独自の販売ルートがあるため、高額買取が可能です。
    看板消しやレッカー移動も無料ですし、「20万キロ以上走っている観光バスを買い取って欲しい」という場合でも査定依頼ができます。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーと言うくらい有名なので安心して使えます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に観光バスの買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいから観光バスの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちの観光バスの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの観光バスでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者が観光バスを査定してくれるので、高額査定をしてくれた買取業者に。あなたが大切に乗ってきた観光バスを売却しましょう。






    車買取コラム

    車の査定金額が下がる主となる要因には何点かあるのですが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

    車によっては査定金額が0円まで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    かといって、事故などで修理した車すべてが必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、大きな損傷を修理した場合に修理歴車と呼称するのです。

    いつでも自由に簡単にインターネットを利用して査定したい車の現在価格を見積もってもらえるのが中古車一括査定サイトを使う利点となるでしょう。

    入力フォームに必要なことを記載するとあっと言う間に査定価格が複数の業者から寄せられて、これから売ろうとしている車の現時点での相場を知ることができるのです。

    自分の名前などを記載したくない場合には、名前を入力しなくても査定可能なサイトもあるので探してみましょう。

    もちろん大部分は良心的ですが、ごく一部に見られることですが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。

    手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。

    一定の手続きを踏むことをしないで何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。

    買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、中古車買取店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい競争を促し、査定価格の底上げを図ることもできます。

    ではディーラーによる下取りはどうかというと、価格を比較する相手がいないので相場より安い価格になってしまうかもしれません。

    しかし一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    どちらも一長一短ですが、下取りでは査定料をとられることが多いので、両方試すなら無料の買取査定が先でしょう。

    簡易査定後に実車査定を受ける段になると、来る業者は皆一様に契約を急ぐはずです。

    ここで即決なら買取金額を幾らアップしてもいいなどという熱烈な口上は、すべて営業手法ですから、それが普通なので即決はしないほうがいいです。

    多くの業者に見積額を競ってもらうことが高値売却の秘訣だからです。

    まずはなるべく多くの業者に査定額を出してもらうことが肝心で、検討材料が揃って納得がいってから最良だと思う業者に連絡すれば良いだけです。

    タイヤが古くなってスリップサインが出るようになっても、見積り前にタイヤを新調する必要性はまずありません。

    タイヤは使えば減るものです。

    それに、買取業者側が業界値段で仕入れたタイヤに交換してしまうこともザラですから、投資するだけもったいないです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額はたいしたものではありません。

    所有者の方でタイヤ交換をしたところで、査定額アップは期待できないですから、掃除するだけに留めるほうが無難です。

    全く動かなくなった自動車のことを「不動車」と呼びますが、この場合も売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。

    不動車にもいくらか値段がつくことがあるのです。

    パーツごとで考えれば故障しておらずまだ使える部品もあるでしょうし、これらに対して価値を見いだして買取してくれる会社はあるのです。

    しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に実際に査定してもらって引き取ってもらうとスムーズに行くでしょう。

    ボディカラーの如何によって、中古車の査定額は大きく変動します。

    白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、プラス査定になることが多いです。

    それから、シルバーの場合は定番カラーであることに加えて汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、買取をしてから実際に次のオーナーの手にわたるまでには流行が終わっている可能性が高いからです。

    自分ではきちんと注意していたとしても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    中古車を売る時に時折見られる事案としては、売ることが決まってから「実は問題点が見つかりました」等の話をされて買取額を目減りさせる場合があるので気を付けなければいけません。

    契約後に問題が見つかったと言われたとき、売り手側が事故などを隠していたのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    そのようなことがないケースでは、事前に査定で見落としをしてしまった方が責任を取る必要があるので、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。