トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で観光バスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「観光バスの買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる静岡県の業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    観光バスを高価買取してもらうために大事なことは「静岡県にある複数の車買取店で査定をしてもらう」ということ。1つの買取店のみとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので簡単です。静岡県にある複数の車買取会社からの査定額を比較できるので、観光バス(貸切バス)の買取金額の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、観光バスの買取相場はもちろん、トラックや重機の買取相場も調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社で買取査定をしてもらった見積書を持っている場合でも、その査定額よりも高額で観光バスの買取が可能です。

    しかも、無料の買取査定サイトによくある「何度もかかってくる営業電話」がありません。「お客様が嫌がる営業電話はしません。」と宣言している買取業者なので、安心して観光バスの買取査定の依頼ができます。

    もちろん、静岡県の出張買取に対応していて利用は無料。へき地や山間部、離島であっても無料です。

    即日現金買取に対応していて、買取金額も台数も無制限です。
    「古い観光バスが何台もあるんだけど…」という場合でも、無制限で買取してもらえますし、まとめて即日現金で支払ってもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分だけ使って必要項目を入力すると観光バスの買取相場が調べられる車一括査定サービス。
    評価の高い買取業者と提携しており、静岡県に対応している5つの業者が観光バスの査定額を提示します。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、静岡県に対応している複数業者に査定依頼をして長年利用してきた観光バスを1円でも高く売却しましょう。

    「観光バスを高く買い取ってくれる業者が見つかったけど、他の業者に断りにくい…」という場合でも、他社へのお断り代行をしてくれますので安心感があっておすすめできます。






    トラック王国

     トラック王国は、数多くのトラックや観光バスなどの買取取実績を持つ大手の中古トラック買取業者。
    中古トラックや観光バスなどの試乗や現車確認ができる展示場が全国5ヵ所にあり、商用車の販売・買取のサービスを展開しているため、他社にはない販売ノウハウがあります。

    ですので、静岡県に対応している他の買取業者よりも観光バスを高く買い取ってもらえることがあります。
    テレビCMやラジオで宣伝しているため知名度も高く、静岡県への出張査定も無料です。

    古い観光バスや多走行車、過走行車、不動車でも独自の販路があるので、高額買取が実現します。
    レッカー移動も無料なので車検切れになった観光バスでも査定ができますし、「不要になった観光バスをまとめて売りたい」という場合でも査定依頼が可能です。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社へ観光バスの査定の依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    もちろん、静岡県対応で利用は無料。

    「観光バスを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「サクッと数年落ち観光バスの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、静岡県に対応しているいくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの観光バスでも高額買取が実現します。

    約10社の業者が観光バスの買取査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた買取店にあなたが大切にしてきた観光バスを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車買取専門店で査定金額を算出する場合においては、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    大抵の場合、走行距離が長くなるにしたがってドンドン低く見積もられることになります。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は多走行車と言われていて、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、全く査定金額が出ない場合もあるのです。

    何社かの買取販売店から査定をしてもらうことを「相見積もり」と呼んでいます。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、同日同時刻に多くの査定スタッフに実際の査定をしてもらって、全員に査定金額をその場で提示してもらうことも相見積もりに相当します。

    業者の中には他の業者と同時に査定するのを毛嫌いするところもあるのですが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    通常、大多数の中古車の買取専門店では、中古車の見積もりにかかる時間は単純に待っているだけの時間を除外するとおおよそ15分弱でしょうか。

    10分少々で済むのは、車種ごとに査定時点でのオークションなどの平均相場を基本として事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、ここから各部位の状態、および走行距離などを目で確かめて、走行距離などに応じた減額、加算をしたらすぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っているとしばしば起こりうる失敗です。

    だからこそ、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかいま一度はっきりさせておきましょう。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていればそこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    査定で業者に来てもらうなら夜間や雨天のほうが金額的に有利だという意見は根強いようです。

    光の反射がなく車体の傷が目立ちにくいので、業者が見逃すことを期待しているのです。

    とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。

    実際には査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でも数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が利益は大きいのではないでしょうか。

    業者同士で競合が起きれば査定の金額も高くなるからです。

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。

    基本的にチャイルドシートは査定の際に採点される項目には含まれていないからです。

    しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは中古でも人気が高い品物ですから、取り外してからリサイクルショップなどで売ればそこそこ良い価格がつきます。

    オークションでもブランド製で美品なら意外な価格になるので、車とは別に売りましょう。

    自動車を売り払った後になって、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    自分が事故歴などを業者側に嘘を付いて売ったのならば売却側が責任を取る必要がありますが、査定時に何か見落としがあったというならば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

    自動車を売却する際にたまに遭遇する案件として、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引く場合があるので気を付けなければいけません。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    しかし、自分が何も悪くないときには、見積もり時に見落とした方が悪いので、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。

    車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、ディーラーに下取りしてもらう方法、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。

    個人でオークションに出品する場合には、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをなるべく他人が読んで分かりやすく表記することがやっかいなトラブルを避ける上で非常に有効なことです。

    更に、売買契約を交わしてしまう前に一度じっくり車を観察してもらうことも必要になるでしょう。

    これら以外で自分が重要だと感じたことは、「念書」などをきちんと作ってサインと捺印をしてもらうと安心できますね。